マイホーム計画 vol.7

みなさんこんにちは('ω')ノ

いつの間にか梅雨も明け真夏のような暑い日が

続いておりますが皆さんいかがお過ごしですか?

体がこの急な暑さについていかない方も

たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

スタミナつけて暑い夏を乗り切りましょうね(*^^)v


さて今日は基礎工事についてお話します。


入念な地盤調査を着工前に行いますが、

軟弱な地盤には地盤改良工事を実施して地盤の強度を高めます。

改良工事が終わるといよいよ基礎着工です。


フェールズホームの建物の要となる基礎は、建物の床全体に配筋を施しコンクリートを敷き詰める強固な【鉄筋コンクリートベタ基礎】を採用しています。

基礎の立ち上がり幅200㎜・高さ650㎜・主鉄筋16㎜の耐震性・耐久性に優れたベタ基礎です。建物の重量を面に分散して地盤に伝えるベタ基礎は、地盤沈下や、地震の突き上げによる振動に対して強さを発揮します。さらに配筋は構造計算により建築地盤に最適な調整を行います。


フェールズホームの建物は南海トラフや首都圏直下型の地震や台風などの自然災害から家族の命と大切な生活そのものを守ります。


現在建築をご検討されている方はもちろん、将来建築を考えている方も

一度桶川市のフェールズホームへ遊びに来てみませんか?

お家を建てるうえでの疑問や将来のマイホームへの思いを

語り合いましょう♪